残留農薬を取る野菜の洗い方

超久々の更新となります。ですが、レシピじゃなく、野菜の残留農薬を取る洗い方です。買ってきた野菜や果物。農薬が氣になりますよね。ただ、流水で洗ってる方も多いと思いますが、おすすめの残留農薬を除去する野菜の洗い方がをご紹介します。

残留農薬を除去する野菜の洗い方

私は毎日、皮のついたままのりんご1個をスムージーにして、アーモンドミルクなどと一緒に飲んでます。りんごも本当かどうかわかりませんが、収穫するまでに、10回以上の農薬を散布するらしいです。だから、「奇跡のリンゴ」なるものができたんでしょうね。

毎日、りんご1個をスムージーにしてて氣になるのが、りんごの農薬です。よっぽど農薬が氣になって心配なら、皮をむいて食べるのが一番なんですが、りんごの皮の栄養素や
ポリフェノールの事を考えると、皮を剥いて食べることの方がリスクと言うか、もったいないそうです。

なので、りんごを食べる時は、少し農薬が残っていたとしても、絶対皮付きがおすすめなんだそうです。

これはお医者様が言ってたんですけどね。

だから、皮付きのままスムージーにするので、洗い方は念入りです。
私はこんな風にして洗ってます。

農薬除去のりんごの洗い方

  1. ボウルに水をいれる。
  2. そこに小さじ1杯くらいの重曹・たんさんを加えてよく混ぜる。(水に溶かす)
  3. ②にりんごを入れて、1晩おく。(8時間以上おく)
  4. 8時間経ったらりんごを取り出し流水で洗う。

とこんな感じです。

以前、ネットをググってた時に、
タンサン・重曹を溶かした水に8時間以上、りんごを漬けておくと、完全に農薬は取れる

という文言があって、それ以来、りんごを買ってきたら重曹に浸けるようにしています。
また、りんごだけじゃなく、最近は野菜を買ってきたら、この方法で野菜を洗うようにしています。

→→野菜についた農薬がサッと落ちる!

韓国の農薬を落とす野菜の洗い方

これは韓国の野菜の洗い方です。たまたまyoutubeを見てたら、韓国人の女性のお料理動画がおすすめに出てきて、

こういう風にすると農薬が取れますよ~

と、農薬を除去する野菜の洗い方をレクチャーしていました。

■野菜の農薬を除去する韓国式野菜の洗い方

  • ボウルに水を張り、野菜を入れる。
  • 5分間そのまま放置
  • 5分経ったら流水で洗い流す

だそうです。

びっくりですよね。5分間水につけて放置するだけで農薬が取れるんだそうです。

これは、韓国の番組なのかわかりませんが、この韓国人女性曰く、

リンゴ酢の時は4%の農薬が残り、
水につけておくというのが農薬0%だったんです。
洗い流すんじゃないんです。水につけておくのがポイントなんです!

っておっしゃってました。
日本でも、何かお料理に野菜を使うとなると、作る前に野菜を洗いますよね。流水で。でも、それより、5分間、水につけて放置しておくことの方が、より、農薬が取れるらしいです。

韓国では他にも、

✔塩水で洗う
✔リンゴ酢を入れて洗う
✔何もしない

という実験をして、

「何もしない」の時で、農薬が野菜に22%
塩水で洗った場合   7%
リンゴ酢で洗った場合 4%

という結果になり、

5分間水に浸けて放置は、残留農薬が0%だったそうです。
これは、あくまでも韓国での実験結果なんで、日本に当てはまるかどうかわかりません。
でも、試してみる価値はあるかもしれませんね。

まとめ

お料理を作る時に、お野菜を使うと氣になるのが“農薬”ですが、洗い方に寄っては完全とまではいかなくても、けっこう農薬は減らせるそうなので、重曹を使う場合でも、貯めた水につけておくだけでも試されてみてはいかがでしょうか。