絶品!たまごのアイデア料理レシピ

新型コロナウイルスが原因で、いろんな事に対してストレスた溜まってきますね。そんな時、“完全栄養食”と言われる卵を食べませんか?いつもワンパターンになる卵料理。たまにはちょっと変わった卵料理なんて如何ですか?

よーいドンで紹介された、たまごのアイデア料理レシピをご紹介します。

たまごの巾着煮


1 まずは、油揚げの油を抜く。キッチンペーパーに包み、上から押さえる油を抜いておく。それから半分に切って袋状にしておく。
2 油揚げに生たまごを入れつまようじで止める
3 鍋に熱湯、白ダシ・醤油・塩胡椒・砂糖を入れる
4 たまごの巾着を入れ、約7~8分煮る
5 器にダシとともに盛り、刻みネギを散らす

ポイント

温泉卵のように、黄身がトロ~っとするのがポイントなので、煮すぎないように7~8分煮たら取り出しましょう。

淡路たまらん焼き


1 ボウルに、米粉・水・和風ダシの素を加えて混ぜる
2 よく熱したフライパンに、①の生地を流し入れ、キャベツの千切り・玉葱のスライスをのせる
3 ②の上に、生たまごをのせて割り、紅生姜を散らす
4 ひっくり返して、ソースを全面にぬる

ポイント

淡路たまらん焼きは、淡路島名産の玉ねぎの“たま”と卵の“らん”を組み合わせたご当地グルメの一つなんだそうです。

たまごの肉巻き


1 卵を茹でる前に、卵のおしりの方に画びょうなどで穴を開けておく
2 鍋で、たまごを約5分30秒、茹でて半熟にする
3 半熟たまごを冷水にさらし、殻剥く
4 豚肉をひろげ、塩胡椒をふり、②の半熟たまごにしっかり巻き、片栗粉をまぶす
5 ボウルに、砂糖・醤油・みりん・酢・ゴマ油・コチュジャンを合わせる
6 ④の豚肉で巻いたたまごをフライパンで焼きタレを流し入れ、蓋をして蒸し焼きにしてできあがり!

たまご春巻き


1 ボウルに、生たまご、水・片栗粉・塩を入れて混ぜ、ザルなどでこしてなめらかにする
2 フライパンに薄く流し込み、両面を焼く
3 鶏むね肉は塩麹に漬けて蒸し、ほぐしておき、菜の花は火を通し、醤油・酢・塩・ゴマ油で和えておく。
4 薄焼たまごの生地に2種類のレタス・菜の花・鶏むね肉を重ねる
5 薄焼たまごの端の部分に水溶き片栗粉をつけ、春巻きの要領で巻いていく
6 さらに、たまご(接着面)がくっつくように軽く焼く
7 ゴマ油の効いたタレでどうぞ

フレンチトースト みそ風味


1 ボウルに、生たまご・牛乳・マヨネーズを入れて混ぜ、みそ・少量の醤油を加える
2 ①のたまごを平らな器に移し、バケットを浸し、冷蔵庫で約1時間程ねかす
3 フライパンにオリーブオイルをひき、②のバケットを両面焼く
4 最後に、ピザ用チーズをのせて、フタをして蒸し焼きにしてチーズがとけたらできあがり!

たまごかけご飯 DE ピザ


1 ボウルに生たまごを溶き、ダシ醤油を入れてご飯と混ぜ、そこに熱したオリーブオイルを加える
2 オリーブオイルをひいて、①をフライパンでピザ生地のように丸く焼く
3 スライスチーズ・ちりめんじゃこ・刻みネギを散らし、塩をふり、フタをして蒸し焼きにしてできあがり

北坂たまごのまるごとプリンのお取り寄せ!

今回、石田靖さんが最初に訪れた養鶏屋さんは、北坂たまごさんです。

淡路島の北坂たまごさんと言えば超有名!何が有名かと言いますが、まるごとプリンという商品です。

お取り寄せでも人氣のスイーツで、卵を割らずに卵のまま、中身だけ固まらせた

『たまごまるごとプリン』です。

まるごとで、何も砂糖なども加えていませんが、卵本来のおいしさや甘さを感じるプリンで、それだけでは物足りない方は、別添えのソースをつけても食べられます。

ぜひ、お取り寄せして味わってみて下さい。